FC2ブログ

素見歓迎  *ハ リ ミ セ*

自作小説発表ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

猪野熊アース 1-2

 スズキは、いつものように自宅の前に立ち尽くしていた。
自宅と言うのは、シュロの葉で屋根を葺いた、丸木作りの南国風コテージのことである。
彼は肉食獣の原形を留めた毛皮のみを纏い、右手には木の根で作ったような棍棒を持っている。
ふと気付くと、すぐ横に宇宙服を着た宇宙人が居た。
「こんにちわ、スズキさん」
宇宙人が話しかけると、メッセージがあった事を示す効果音がスズキの中の人に「ポポン」と聞こえ、スズキは意識を取り戻す。
「やあ、カゼッタ氏」
カゼッタと呼ばれる宇宙人キャラの登場で、スズキの中の人は会社のPCの前で、椅子に座りなおして身をのり出した。
「君は、本物だったんだね。…それとも、彼らと連絡手段をもっているのか」
「私が宇宙人、と言うことに関しては本当です。そして、それは地球にメッセージを送った者達と連絡手段をもっているということでもあります」
「なるほど…君と彼らとは違うグループに属しているということかな?」
「グループとかそういうものではありませんが、我々も人数が多いので、交渉担当者たちが何をしようとしているか、全て私にわかっている訳でもない、ということです」
「なるほど。じゃあ、君の担当部門はなんなんですか?」
「レスが早いですね、今日は」
カゼッタのグレイタイプ宇宙人の顔が、苦笑いの表情に変わった。
「そりゃあ、『自称宇宙人』のニート相手のチャットと、本物の宇宙人の一人との歴史的会話じゃあ、こっちのテンションも変わろうってもんだよ。
「それに、あの放送からこっち、会社の上司も気もそぞろで、仕事の進捗を気にして覗きになんてこないからね」
「給料泥棒ですね」
「今月末の給料が出るなんて誰が保障してくれる?…そうか、君ならわかるのか?」
「さあ、私は交渉担当でも、軍事部門に詳しいわけでもありませんからね」
「ふうん…。君は、業務の合間にPCの隅に小窓をあけてオンラインゲームをしてるサボリ社員って訳か?
「!…大体君はどうやってネットに参加しているんだ?君は地球人に化けてすでに地球に潜入しているのか?」
グレイの顔が笑いに変わった。
「キョロキョロ周りを見回したりしないでくださいよ?スズキさん。
私は地球外から、ある方法で地上の個人の無線LANに侵入し、そこからネットに参加しています。
『地球人に化ける』とか、無理です。少なくとも我々の文明では」
スズキはしばらく沈黙していた。
「すると」
スズキの会話ウィンドウに再び文字が描かれ始めた。
「君がネットに参加しているのは、何らかの装置を使った大掛かりな作業と言うことだね?単に、君が正規の業務の合間にしている、ということじゃなく」
「そうですね。
これが私の業務なんです。日本の、インターネットからの情報収集というのが」
「なんだと!まずいな…僕は何か人類が滅びるような情報を君に流してしまってないか?」
「安心してください、スズキさんからは有用な情報は何も得ていませんよ」
「ならいいんだが…
だったら、なんで僕と会話をしてるんだ?
というか、何故僕に『自分は宇宙人です』とか、『11月7日に重大な発表があります』だとか言ったんだ?
僕が政治的な有力者だった場合、そういった情報を漏らしたことは、君の重大な失策にならないか?」
「それはそうです。でも、あなたは政治的有力者ではないでしょう?
…それとも、そうなんですか?」
「いや、」
「よかった。」
「で、何故僕に接触したんだ?」
「う~ん…」
珍しくカゼッタが黙り込んだ。
「単に、参加したかったんですね」
「この、オンラインゲームに?」
「というか、この事態に。
情報を流したのは…自己顕示?ですか。
『宇宙人降臨!』て扱われたかったんですよ」
「君個人が?ネットで?」
「そう」
「ダメ宇宙人だな」
「ダメ宇宙人ですね」
会話に落ちがついて、つかの間沈黙が流れた。
「で、君たちの目的はなんなの?
『君たち』銀河連合とか名乗ってたけど、どのくらいの星が参加してるの?」
カゼッタは答えない。
「また闇落ちか…なんか、電波の関係かな」
しばらくすると、切断されたコネクションがタイムアウトを過ぎても再接続されないことに気付いたサーバーが、スズキの傍らに固まっていたカゼッタの姿を消去した。
スズキは、自宅の前で無表情に立ち続けていた。

…つづく
スポンサーサイト
[ 2007/08/18 15:13 ] 猪野熊アース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。